「まごころ*花」は東日本大震災で被災した
岩手県の大槌町の仮設住宅暮らしの方の
生活支援が目的のプロジェクトです。

首都圏などのアーティスト達が
雑貨用の素材やパーツを制作・提供し、
そのパーツを使って仮設住宅で暮らす女性たちが
シュシュやブローチなどの雑貨を手縫いで仕立てあげ、
出来上がったハンドメイドの雑貨を
被災者支援バザーやネットショップなどで
全国のお客様に販売をして、その売上を
制作に関わった方の手にしていただくという支援です。
大槌町に持って行った資材
 こんばんは、イラストレーターで雑貨アーティストの森祐子です。現在「まごころ*花」という東日本大震災の被災者生活支援プロジェクトを立ち上げ、進行しています。

まごころ*花プロジェクトについては、この記事をお読み下さい。


11月5〜6日と大槌町小鎚の仮設住宅で、まごころ*花 プロジェクトの売上金のお支払い、それから新しいアイテムの三橋絵里子さん考案のフェルトのお花シリーズのワークショップを行って来ました。その記録はこれから書いて行きますね。

今日はその時に持って行った資材のご紹介です。


こちらが三橋さんが試作してくれたフェルトのお花。
それから金具付きへアゴム、それにブローチピン。

金具付きへアゴムは森が作ったのですが、金具にゴムをかませるのが考えてたよりも難しい…。出発当日に作ったのですが、最初は慣れなくてものすごーーーく時間がかかりました。徐々に慣れて来ましたが2時間以上奮闘。このおかげで他の作業が恐ろしく時間不足に


フェルトのお花用の厚手フェルト、ボンド、カットワークはさみ、平ヤットコ。

フェルトのお花計画は、問屋さんで厚手フェルトをゲット出来るかにかかっていました!ありがたいことに二件目の問屋さんで購入。フェルト一枚で20個分のフェルトのお花が作れます。


クルミボタンシートにクルミボタン。

新しい柄もいっぱい♪ 中井絵津子さん、三橋絵里子さん、ありがとうございます〜〜!


完成品シュシュとシュシュの皮。

完成品シュシュは千島さくらさん、シュシュの皮は森が作りました。合計で54個です。千島さん、どうもありがとうございます〜〜!!


こちらはレース各種。

経費節減のために森が染めております。コールダイオール染めです、最近すっかりはまってしまいました。なかなか良い色が出るのですよ。まごころ*花 のレースを染める時に自分のレースもついでに染めています。



今回はこれだけの資材を持って、大槌町に行って来ました

大槌町でのレポートは、明日以降にしますね♪


ご報告 | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3



  • -counter-



    AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~【初回仕様限定盤】(DVD)

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea