「まごころ*花」は東日本大震災で被災した
岩手県の大槌町の仮設住宅暮らしの方の
生活支援が目的のプロジェクトです。

首都圏などのアーティスト達が
雑貨用の素材やパーツを制作・提供し、
そのパーツを使って仮設住宅で暮らす女性たちが
シュシュやブローチなどの雑貨を手縫いで仕立てあげ、
出来上がったハンドメイドの雑貨を
被災者支援バザーやネットショップなどで
全国のお客様に販売をして、その売上を
制作に関わった方の手にしていただくという支援です。
大槌町小鎚の仮設住宅でのワークショップ・1日目
 
こんばんは、イラストレーターで雑貨アーティストの森祐子です。現在「まごころ*花」という東日本大震災の被災者生活支援プロジェクトを立ち上げ、進行しています。

まごころ*花プロジェクトについては、この記事をお読み下さい。



11月4日の池袋発の深夜バスで翌朝着で遠野に行き、遠野まごころネットさんにお世話になって大槌町小槌の仮設住宅に行って来ました。この「まごころ*花 プロジェクト」のワークショップの開催と、9月から始まったこのプロジェクトの、初めてのお支払いをするためです。



4日は快晴!

遠野駅でバスから降りた時には、余りにも寒いのでびっくりでした。遠野まごころネットさんで自動車を出していただいて遠野から1時間ちょっとの被災地、大槌町小鎚に到着する頃には過ごしやすい暖かくなっていました

まずは仮設住宅からは1キロ程の所にあるまごころ広場へ。このまごころ広場は、私が7月にお伺いをしてワークショップを開催させていただいた場所です(その時はこんな感じでした)。避難所からはすぐ近くだったのですが、7月いっぱいで避難所が閉鎖されてからは仮設住宅や近くの人、またはボランティアさんが集えるカフェスペースとなっています。

このまごころ広場では9月21日の台風の影響でひどいありさまとなってしまったことを遠野まごころネットのブログで読んでいまして(記事はこちらです)、今はどんな状況なのかかなり心配でした。

まごころ広場のたたずまいは変わりましたが、温かみのある雰囲気はそのままでした。

こちらはカフェスペース。前よりもしっかりとした囲いが出来ていました


こちらは支援物資を収納しているテント。
テントのカバーの色は変わりましたが、ちゃんと復活してました

このまごころ広場で他のボランティアさんたちと準備をして、11時前に今回のワークショップを行う大槌町小鎚の仮設住宅横の集会所に行きました。

9月には仮設住宅内にある屋外のカフェスペース「まごころの郷」でワークショップを行ったのですが(記事はこちらです)、10月頃からは寒くて屋外で開催することは難しいとのことで、花っこ隊のみなさんでこの集会所で制作をしてくれています。



集会所はこんな感じ。バリアフリーで二部屋に別れています。

花っこ隊のみなさんが活動をしている集会室はこんな感じです。

絨毯敷きですがプレハブなんで直に座るとかなり寒かったです…。
花っこ隊のみなさんはシルバーのマット等を床に敷いてその上に座っていました。

花っこ隊のみなさんは午後1時半にいらっしゃるので、私はひとりでワークショップの準備をしていました。

イラストレーターの三橋絵里子さん考案のフェルトのお花はこんな感じです。

下のふたつは絵里子さんの試作品、上のふたつは私が作ってみました

この絵里子さんのお花は、あんまり縫うのが得意ではない人向け。厚手のフェルトを大きさの違う花びらに切り抜いて重ねるのです。このお花をどうするか考えましたが、今回はシュシュのバージョンを作ってみました。

裏側はこんな感じ。

木工用ボンドを薄く塗って乾かした生地を丸く切って、サテンリボンでヘアゴムを貼っています。この方法は今回出発する前日に思いつきました。試作を自宅で試す時間がなかったのでここで試作。サテンリボンに木工用ボンドを塗ってヘアゴムを貼るのですが、これが思ったより難しい…。コツがいります。そのボンドが乾いたら、丸い生地の裏側全体にボンドを塗ってフェルトのお花に貼ります。


なかなか可愛く仕上がりましたよね!


12時半ぐらいに私もまごころ広場に一旦戻って昼食を食べて来ました。

それから1時半にもう一度集会所に戻ったら、みなさんもう集まってらっしゃいました!

約二ヶ月ぶり。懐かしい親戚の方々とお会いした気持ちでした

みなさんとってもお元気で!土曜日は7人のメンバーのうち、ゆきこさんは法事でお出かけ。

まずはみなさんに、まごころ*花 グッズをいつも売って下さっている「遠野まごころネット・関西支部」の方が、購入して下さった方からメッセージカードを書いていただいたのでそれをお渡ししました。みなさん、熱心に読んでくれています。

それからまごころ*花プロジェクトでは、資材やイラスト等をご提供して下さった作家さんたちにメッセージカードを書いていただいているのですが、そのカードも嬉しく読んで下さってます!「嬉しいのよ〜!」とおっしゃっていただきました お手伝いしていただいている作家さんも、今では10人以上になっています。



それからまずはメンバーのみなさんへのお支払いから。まごころ*花プロジェクトは森が個人で始めたことですので資本金がほとんどなく、申し訳ないのですが売上金が出てからお支払いをしています。今回は合計110個分のシュシュとブローチの分のお支払い。売上金のうちの7割をみなさんにお渡ししました。

このまごころ*花のレースのお花のシュシュとブローチは流れ作業で作っていますので、メンバーのみなさんへのお金の配分がどうなるかが少し不安でしたが、リーダーのゆうこさんがしっかりとノートへ記載をして下さって、みなさんが納得いくように割り振って下さいました。

(神奈川に戻ってからこちらの記事にも追記したのですが、今までかかった経費を細かく計算した結果、売上金の7割ではこのプロジェクトが赤字になってしまうことが解りました。花っこ隊のみなさまには大変申し訳ないのですが、111個目からのお支払いは売上金の6割とさせていただくことにしました。)



それから新しいアイテムのフェルトのお花のワークショップです。

このフェルトのお花は、今まで流れ作業で全員で制作していたのとは違って、子供のある人などがおうちでも出来るようにしたいと思っています。というのは、前回にまごころの郷でワークショップをした時に感じたのですが、昼間働いているおかあさんなどで「参加したいけど時間が合わなくて…」という方も数名いらっしゃったのです。花っこ隊では私と同世代のなおこさんもお子さんが二人いらっしゃるので、週に一度ぐらいなら大丈夫でも、毎回みんなと一緒に集まるのは難しいということですし。

それで今回のフェルトのお花のアイテムは、なおこさんにリーダーになっていただいて、そういった子供のいるおかあさん世代に広めてもらうことにしました。

私の説明をきちんとノートに書き取ってくれているなおこさん。

フェルトのお花はフェルトを切ってクルミボタンを縫い留めるのも大変なんですが、ボンドの使い方などにもこつがいります。でもしっかりと覚えて下さいました!



9月から作っていただいているレースのお花のシュシュとブローチは、とても好評で様々な方がお買い上げして下さっています。こちらは従来通りのゆうこさんを中心としたメンバーのみなさんに作っていただきます。

もうみなさん慣れた手つきで。どんどん出来上がります。

レースは私が染めているのですが、最初にみんなでレースをカットして、縫ってお花にしてから組み合わせを考えてくれているのですね。どれもクルミボタンの絵柄と色合いがマッチしていてとても可愛いです。私ももう少し様々な色に染めたくなりました。ラッセルレースも今まで太さに変化がなかったのですが、多少の太さの違いがあった方が使いやすそう。みなさんの作業を間近で見ていてこちらにも案が湧いて来ます。



作業の終わりには片付けてから、お茶のお時間。ゆうこさんが用意をして下さったおいなりさんやお漬け物、柿をご馳走になりました!どれもこれも美味しかったです〜〜〜!!!特に大根の葉っぱと白菜などの浅漬けが絶品でした。
ゆうこさんは喫茶店を経営なさっていたとのこと。冷蔵庫を6つも持っていたんですって。津波で流されてしまったとのことです…。


翌日は私が持って帰る分の、シュシュ60個、ブローチ50個をラッピングしてもらう予定です。


※すみません、日付を何カ所か間違えて書いてしまっていました。私が大槌に行ったのは11月5〜6日の2日間です。訂正をしました。(11月13日追記)


仮設住宅でのワークショップ | comments(2)
Comment
おつかれさまです^^

ゴムですが、丸じゃない(ひも状の)ゴムを
穴を2か所あけたフェルトに通し、結ぶ
そしてそれを縫いつける という方法もあります
(縫う中に 結び目がはいっちゃいます)
ご参考までに・・・。

私はいつもこうやってるので^^;

From.千島さくら 2011/11/13 12:03 AM


ご提案をありがとうございます。

後ろのゴムの付け方などは結構悩みました。
今回採用した方法は少し難しいのですが、
仕上がりはとても綺麗に出来るのです。

千島さんの方法も悪くないとは思いますが、
裏側にフェルトを使うのは
強度や毛玉が出来やすいということで
ちょっと扱いが難しいかな…と思いました。

また何かアイディア等ありましたらご提案下さいね!

From.まごころ*花 森祐子 2011/11/13 9:08 PM














CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3



  • -counter-



    AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~【初回仕様限定盤】(DVD)

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea