「まごころ*花」は東日本大震災で被災した
岩手県の大槌町の仮設住宅暮らしの方の
生活支援が目的のプロジェクトです。

首都圏などのアーティスト達が
雑貨用の素材やパーツを制作・提供し、
そのパーツを使って仮設住宅で暮らす女性たちが
シュシュやブローチなどの雑貨を手縫いで仕立てあげ、
出来上がったハンドメイドの雑貨を
被災者支援バザーやネットショップなどで
全国のお客様に販売をして、その売上を
制作に関わった方の手にしていただくという支援です。
大槌町小鎚の仮設住宅でのワークショップ・2日目
 
こんばんは、イラストレーターで雑貨アーティストの森祐子です。現在「まごころ*花」という東日本大震災の被災者生活支援プロジェクトを立ち上げ、進行しています。

まごころ*花プロジェクトについては、この記事をお読み下さい。



11月4日の池袋発の深夜バスで翌朝着で遠野に行き、遠野まごころネットさんにお世話になって5〜6日と大槌町小槌の仮設住宅に行って来ました。昨日の1日目の記事に続いて今回は2日目のレポートを書きます。



6日目は朝から雨。

遠野から大槌町まで行くのには山をいくつか超えるのですが、上の方はひどい霧でした…。前日は紅葉が見頃だったのですが。写真を撮っておけば良かった!

大槌町小鎚のまごころ広場に着いてからは霧雨程度でしたが、今日はお料理を出して下さる臼澤ガールズさんたちもお休みで、まごころ広場もまごころの郷も開店休業といった状態。ですので、昨日はカフェのお手伝いをしていたボランティアさんお二人も、一緒に集会室に来ていただいて私のまごころ*花プロジェクトのお手伝いをしていただくことになりました。

このお二人の女性は、昨日の*PUKU*ダイアリーの記事に書いたのですが、私と同じ市に在住の方。お一人はうちから徒歩圏内にお住まいです。決して大きな市ではないので、こんな偶然があるなんてびっくりです!

お二人にはクルミボタンを作るお手伝いをしていただきました。私は昨日に引き続いてブローチの土台の生地にサテンリボンとヘアゴムをくっつけてました。花っこ隊のみなさんが来るのは1時半なんで、しばらく3人で作業。こういう手仕事をしていると自然とおしゃべりも多くなります。お二人ともまごころ*花の取り組みをよく理解して下さって、今後はお手伝いもしていただけるとのこと。本当にありがたいです。その上、まごころ*花製品のお買い上げもしていただけるんですって!嬉しいです



昼食で一度まごころ広場に戻ってからもう一度集会室で3人で制作していたら、花っこ隊のみなさんがいらっしゃいました。

この日はこんな感じで制作

6日は前日よりもメンバーの方が少なくて。青いベストの方はボランティアさんです。3人だと寒かった集会室ですが、みなさんがいらっしゃると熱気で暖かになります♪

直子さんも少しずつフェルトの扱いに慣れて来ました

ボランティアのUさんも、かなりクルミボタンを作るのには慣れていらっしゃったご様子。どんどんクルミボタンが出来て来ます!

レースのお花の担当の方々。黒い綿レースはかなり扱いが難しいようですが、すぐに慣れて綺麗に仕上げてくれます。

手つきがさすが!という感じですね。プロフェッショナルです


ゆうこさんは全体の総監督

ゆうこさんはシュシュにつけるレースやクルミボタンの色合いのバランスなどをよく見てくれています。どんどん、可愛らしいシュシュたちが出来て来ます♪

直子さん担当のレースのお花

最終時間までにこんなにこのくらい出来ました!

それから私が持って帰る分のシュシュのラッピングをしてもらいました。ラッピングの資材がちょっと不足していて、この日は30個分をやっていただきました。なおこさんがボランティアさんにラッピングの方法を教えてあげていましたが、ボランティアさんたちは「難しい!!」とおっしゃってました。

そうなんです、ラッピング。可愛く見せるのは大変なのです。でもお化粧と同じで、素材が良い物を可愛くラッピングしたら魅力が無限大ですからね あっという間に3時。それからはばたばたと全員でラッピングしました!

それからお片づけして、昨日同様にゆうこさんが用意してくれた差し入れをいただきました。この日はボランティアのMさんの娘さんのお手製という非常に美味しいクッキーもいただきました

最後にはみんなで写真撮影。

はいチーズ!私は前列真ん中です

この日は人数が少ないので、ボランティアのUさんにも入っていただきました。撮影をして下さってるのはボランティアのMさんです。



今回は私の仕事の都合で、たった2日間だけお伺いすることになってしまいましたが、やっぱり直接お会いして一緒に作業して、そういったことが絆になって行くのかな、と思いました。まごころ*花 プロジェクトを実際に動かすことになって2ヶ月。連絡係となってくれているなおこさんとは何度もメールのやりとりをしたり電話をしたり。また、リーダーのゆうこさんはメールが出来ないので最初は直接のやり取りはしていなかったのですが、10月に入ってからは何度も電話をかけてお話をさせていただきました。こうやって少しずつプロジェクトは進んでいます。

私一人で始めたまごころ*花 プロジェクトですが、今は協力をしていただいている作家さんなどは15人近くなっています! また遠野まごころネットの関西支部、福岡支部の方々には販売のご協力をいただいて本当に助かっています。このまごころ*花を始めてから、人の温かさが心から滲みています。

次回には1月中旬ぐらいに大槌町にお伺いをしようと思っています。


仮設住宅でのワークショップ | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3



  • -counter-



    AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~【初回仕様限定盤】(DVD)

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea