「まごころ*花」は東日本大震災で被災した
岩手県の大槌町の仮設住宅暮らしの方の
生活支援が目的のプロジェクトです。

首都圏などのアーティスト達が
雑貨用の素材やパーツを制作・提供し、
そのパーツを使って仮設住宅で暮らす女性たちが
シュシュやブローチなどの雑貨を手縫いで仕立てあげ、
出来上がったハンドメイドの雑貨を
被災者支援バザーやネットショップなどで
全国のお客様に販売をして、その売上を
制作に関わった方の手にしていただくという支援です。
釜石鵜住居の仮設でのワークショップ
 
こんばんは、イラストレーターで雑貨アーティストの森祐子です。現在「まごころ*花」という東日本大震災の被災者生活支援プロジェクトを立ち上げ、進行しています。

まごころ*花プロジェクトについては、この記事をお読み下さい。

このプロジェクトは、岩手県遠野市のボランティアネットワークの遠野まごころネットさんにご協力をしていただいて進めています。




3月29日の深夜バスで30日に遠野まごころネットさんに着いて、30日、31日、4月1日と釜石市で二カ所、大槌町で一カ所のまごころ*花のワークショップを行い、4月2日早朝に東京に戻りました。

今日は3月30日の釜石市鵜住居仮設住宅の集会室でのワークショップのことを書きます。

1月に、遠野まごころネットのボランティアさんから「釜石市でまごころ*花プロジェクトを進行させましょう」というお話がありまして、釜石で募集をかけたところ、2月初旬に鵜住居の仮設住宅で希望者を集めました、とのご連絡がありました。それですぐにでも始めたいということでしたが、私が次回に岩手に行くのは3月の末の予定。それまでにはかなり間があります。

それで大槌町で昨年9月からまごころ*花で頑張ってくれている直子さんに釜石に行ってもらって、まずはフェルトフラワーのヘアゴムを直子さんから釜石の人に教えてもらうことになりました。

それが2月末。直子さんで判断がつかない所は私に連絡をいただいて、進行をしていました。試作品を一度送ってもらったりしながら、鵜住居の班の代表ののぶこさんから「100個出来上がりました!」とのご連絡をいただいたのが3月中旬です。

すごい速さです!!

それで今回は、出来上がったフェルトフラワーのヘアゴムにラッピングをして納品をしてもらい、更にレースフラワーのシュシュの仕上げ方と布から作るシュシュの作り方のワークショップをすることになっていました。

朝、11時頃。遠野まごころネットさんで、大槌町で働く予定のボランティアさんたちと一緒に自動車に乗せてもらい、鵜住居の仮設に到着。いつも行っている大槌町小鎚の仮設住宅よりも仮設住宅同士が密集している感じがしました。

そこからのぶこさんに連絡をして駐車場まで迎えに来てもらって、集会室に行きました。

のぶこさんは60歳ぐらい。鵜住居の仮設住宅では、仮設住宅暮らしのお年寄りが引きこもりがちになってしまうので、みんなに外に出て来てもらうという目的もあって、このまごころ*花プロジェクトへの参加を決めてくれたとのこと。

今回も通りすがりのおうちに一軒一軒声をかけて、釜石の花っこ隊のおばちゃんたちを集めてくれました。

鵜住居仮設の集会室は、和室が1部屋です。大槌町小鎚仮設の集会室は3部屋だったので、少しこじんまりした印象。おばちゃんたちのうち一人が来られなくて、この日の参加は5人でした。

まずは出来上がったフェルトフラワーのヘアゴムを、ひとつひとつチェックしました。どれもとっても綺麗に出来上がってます。

その後はラッピングです。ヘッドの紙を折ってクリアパックにホッチキスで留めて、中にフェルトフラワーのヘアゴムを入れて行きます。おばちゃんたち、まごころ*花を始める前は「物を包むなら新聞紙で充分」と思っていたとのことですが、スーパーなどに行ってもラッピングを意識するようになったって言ってました。そう、ラッピング。なくてもな良いと言えば良いのですが、やっぱり可愛らしく包まれると商品の可愛さも倍増ですからね!

今回から今までの大槌町の製品との違いを出すために、後ろにはお名前を書いてもらうことにしました。

一枚一枚お名前シールに記入してもらうのは大変なんですが、やっぱり購入してくれた人も誰が作ったか解ると温かみがあって嬉しいですもんね。『釜石市鵜住居仮設 ◯◯』という風に入れて貰いました。

100個のラッピングが終って、お名前シールを貼っていただいたところで調度お昼になりました。

お昼ご飯は自分で用意をしているのですが、みなさんであれこれ作ってくれました!

焼きそばパン、黒糖とくるみが入った蒸し饅頭、旬のくきわかめの煮物、自家製ヨーグルトのフルーツポンチ。ボランティアに行くとどうしてもコンビニの食事が多くなりますので、こういう差し入れは本当にありがたいです!!

この日は何度か地震がありました。岩手の地震は地鳴りがすごいので、震度以上に揺れと恐怖を感じます。のぶこさんも「この辺まで津波が来ないのは解っていても、地震があるとすぐに避難しなきゃ、という気持ちになっちゃうのよね…。小さな地震でも心臓がばくばくする」とのこと。あれから1年ですが、まだ地震はこの地域では過去のことではありません。

わかめが採れるシーズンなんで新わかめの話も出ました。震災前はいくらでもすぐに手に入ったそうですが、今は簡単に購入出来ないとのこと。それは塩や麹なども。今まで使っていた大きなサイズ(塩で15キロとか!!)が手に入らなくて、小袋(それでも2キロとかですって)がようやく買えるようになったこととか。

あと仮設の格差もあるとのことです。のぶこさんは元々大槌町の人なのですが釜石の仮設に入っているのですが、支給される品が大槌町の方がかなり良いのですって。また、テレビの取材なども、大槌町の方が多いそうです。釜石市の方が大きな市なのにと、不思議な感じがしました。

それからまごころ*花のような内職仕事の生活支援も、釜石市のこちらの仮設住宅ではほとんどないとのことでした。大槌町では手先の器用な人は大忙しというぐらいみなさんいくつもの内職仕事を掛け持ちしていたのですが…。



お腹がいっぱいになった午後からは、レースフラワーのシュシュの作り方のワークショップです。まずは私が持って行った資材をお渡ししました。



レースフラワーのシュシュは、まず作家さんが作ってくれたゴム通し前のシュシュ(通称・シュシュの皮)にゴムを入れ、ゴムを18センチに切って繋ぎ、ゴム通し口を糸で綴じます。それから染めたレースを輪にして、レースの下部をぐし縫いして絞り、放射状に留めて固定してレースフラワーを作ります。それからクルミボタンを作ってシュシュ、レースフラワー、クルミボタンを目立たないように縫い留めて出来上がり。



みなさん、やっぱりお上手です!大槌町の花っこ隊さんはお針子出身の方が数名いますが、釜石・鵜住居の花っこ隊さんも負けないぐらい器用。みなさんとっても手が早くて、あっという間に出来上がりました。

そして最後に10センチ×50センチの布からのシュシュの作り方のワークショップ。大槌町小鎚では3日かけていたワークショップを一日でやるので大忙し。手縫いのシュシュは本返し縫いで作るので、やっぱり大変です。うーん、集会室にミシンがあったら…。今、まごころ*花でもシュシュを作る人を調整中でして、今回は鵜住居・大槌町と双方の花っこ隊さんに45個ずつしか持って行けなくて。生地だけでもお渡しして作ってもらえたら、こちらの都合に関係なくどんどん作っていただけるのですが。

そうしてようやくワークショップが終了!

みんな揃って、はい、チーズ!!後列左側のブルーのシャツがのぶこさん、赤いダウンジャケットが私です。鵜住居仮設の花っこ隊さんは、大槌町よりも少し平均年齢が高め。最年長の花っこさんは80代なんです。でもみんなとってもお元気!!


--------------------------------------------------------------------

まごころ*花プロジェクトへのお問い合わせ等ございましたら、下記のフォームよりご連絡をお願いいたします。

https://www.rental-system.com/fmpc/user/13760396/


48時間以内に森の方から返信メールをさせていただきます。
(※もし48時間が過ぎましても森からの返信メールがない場合、メールソフト等の不調も考えられます。このブログのコメント欄からご連絡をお願いします。)

--------------------------------------------------------------------


仮設住宅でのワークショップ | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3



  • -counter-



    AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~【初回仕様限定盤】(DVD)

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea