「まごころ*花」は東日本大震災で被災した
岩手県の大槌町の仮設住宅暮らしの方の
生活支援が目的のプロジェクトです。

首都圏などのアーティスト達が
雑貨用の素材やパーツを制作・提供し、
そのパーツを使って仮設住宅で暮らす女性たちが
シュシュやブローチなどの雑貨を手縫いで仕立てあげ、
出来上がったハンドメイドの雑貨を
被災者支援バザーやネットショップなどで
全国のお客様に販売をして、その売上を
制作に関わった方の手にしていただくという支援です。
大槌町小鎚の仮設でのワークショップ
 
こんばんは、イラストレーターで雑貨アーティストの森祐子です。現在「まごころ*花」という東日本大震災の被災者生活支援プロジェクトを立ち上げ、進行しています。

まごころ*花プロジェクトについては、この記事をお読み下さい。

このプロジェクトは、岩手県遠野市の大槌町の仮設住宅の代表の方からお話をいただき、ボランティアネットワークの遠野まごころネットさんにご協力をしていただいて進めています。





3月29日の深夜バスで30日に遠野まごころネットさんに着いて、30日、31日、4月1日と釜石市で二カ所、大槌町で一カ所のまごころ*花のワークショップを行い、4月2日早朝に東京に戻りました。

今日は昨日の記事の釜石・鵜住居仮設でのワークショップに続いて、3月31日の大槌町小鎚の仮設住宅の集会室でのワークショップのことを書きます。


大槌町小鎚の仮設住宅でのワークショップは、今回で3回目。その前にもすぐ近くのまごころの郷で屋外のワークショップをしているので4回目です。今回は大槌の花っこ隊さんたちにお会いしてシュシュをお受け取りするのと、新たに釜石でまごころ*花が始まったので、大槌町でもネームシールを貼っていただくことにするということをお伝えするという、ゆるりとしたワークショップです。

今回はアシスタントをしていただくボランティアさんは、もう何度も遠野まごころネットに来ていて、大槌町でも何回も働いているKさん。

Kさんにまごころ*花のご説明をしたら「森さん、遠野まごころネットの夕方のミーティングでまごころ*花のことをみんなに伝えて、『お土産にどうですか』って言って販売した方がいいよ」とのこと。それから遠野まごころネットの敷地内には他のボランティア団体の施設があるので、そこでしっかり営業しなきゃ!とはっぱをかけられました。

うーん、ミーティング…。普段閉じこもりの生活なんで、大勢の前で話すのって苦手なのよねぇ…なんて言い訳しつつ、そうだよね、販売は人任せなんていうのではいけないよね、特に釜石でも始まったしおばちゃんたちのことを思うと!という気持ちもむくむくと沸いて来ました。そこで「解りました、今日のミーティングで言います!」とお約束。

大槌町行きの自動車では、秋田からボランティアに来ている女性お二人とご一緒。その日の夜に秋田に戻ってイベントを控えているとのことで、昨日釜石の鵜住居仮設の花っこ隊さんからお受け取りしたフェルトフラワーのヘアゴムを10個もご購入していただきました!そのイベントで売って下さるとのこと。嬉しいです、今回はいっぱい預かってますので、少しでもさばいて行かなくては。

大槌町小鎚の仮設住宅の集会室には10時ぐらいに着きました。いつも花っこ隊のおばちゃんたちがやって来るのは午後なので、Kさんにまごころ*花の経緯等をご説明をして、それからKさんにワークショップ。クルミボタンやシュシュを作ってもらいます。何度かワークショップをやってみて、アシスタントをして下さる方には実際に作っていただくのが一番なんですよね。おばちゃんたちのやっていることなどを理解していただけて。
ボランティアさんなどにまごころ*花の製品をお見せするとき、時々「どこまで被災者の方が制作してるんですか?」と聞かれることがありますが、ミシンをかけること以外ほとんど全て…なんです。イラストレーターさんのデータを扱うので、プリントアウト出来る布に刷るのとか、節約のために始めたレースの染色は私が、そして黒ゴムに金具を付けたり生地のカット、シュシュのミシン縫いなどは作家さんやボランティアさんにお願いしていますが、まごころ*花の製品は他にも手縫いの細かい作業が山のようにあります。今、大槌町の花っこ隊さんはみんなで作ると一日に15個ぐらいは作れるとのことですが、それはすごく手が速いです。

私は持って行った資材を、確認しながら納品書を書いたりしていました。

それから、近くのまごころの郷でビーズのネックレスのワークショップをしていらっしゃったビーズの先生たちが、シュシュをご購入して下さることになりました♪ボタンとシュシュの生地を選んでもらって、花っこ隊さんにつくってもらい、夕方にお渡しするお約束をしました。

お昼前にはリーダーのゆうこさんがお昼ご飯を持って来てくれました!ゆうこさんは津波に遭う前は大槌町で大きな喫茶店を経営なさってたとのことで、すごくお料理上手。

煮魚にわかめの茹でたもの、茎わかめのお浸し、蕪のお漬け物。持って行ったコンビニのおにぎりを食べながら、身体に良い美味しいお料理をいただくのは幸せです♪ 毎回、密かな楽しみになってます。

午後1時半ぐらに花っこ隊さんがやって来ました。ゆうこさんから電話で花っこ隊のメンバーさんがご家族のご病気などで減ってしまったと聞いていましたので心配していましたが、新しくメンバーになってくれた人もいらっしゃったのですね!


もう今回私が持って帰る分の50個はラッピングも出来ていまして、ビーズの先生のシュシュを作ってもらいました。それから釜石でもまごころ*花プロジェクトが始まったので、大槌町の方も署名のネームシールを貼ってもらいました。大槌町の方は「大槌まごころ*花 ◯◯」と入っています。

最後にお片づけをした後はいつもの通りにお茶タイム。その後はみんなで一緒にぱちり。



さて、遠野まごころネットに戻ってからはミーティング。男性の宿泊部屋の和室が会場です。朝お約束した通りに、手を挙げて立ち上がり、まごころ*花の説明と今日の活動をお話しました。忘れずに「1つ500円で販売をしています、お土産にいかがでしょうか?」も付け加えました。

そしてミーティング後は初日から一緒の自動車で大槌町に行っているボランティアのNさんと、Nさんと前回のボランティアでお友達になってご紹介をしていただいたYさんにもお手伝いをしていただいて、廊下で販売をさせていただきました。


なんとこの日だけで20個もボランティアさんたちにご購入をしていただけました!!すごくありがたいです。


--------------------------------------------------------------------

まごころ*花プロジェクトへのお問い合わせ等ございましたら、下記のフォームよりご連絡をお願いいたします。

https://www.rental-system.com/fmpc/user/13760396/


48時間以内に森の方から返信メールをさせていただきます。
(※もし48時間が過ぎましても森からの返信メールがない場合、メールソフト等の不調も考えられます。このブログのコメント欄からご連絡をお願いします。)

--------------------------------------------------------------------


- | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3



  • -counter-



    AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~【初回仕様限定盤】(DVD)

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea